特集 一度は見たいユニークな整備工場レポート

パンケーキの食べられる車検場 横浜に早くも3店舗目がオープン
Vol.2

パンケーキの食べられる車検場
横浜に早くも3店舗目がオープン(1/2)

横浜の普通じゃないカフェ。
それは……、車検場。

 「群馬にパンケーキが食べられる車検場があるらしい」。
一部好事家の間で話題になっていた『CAFE TIME』は、約1年で早くも3店舗目を出店。群馬伊勢崎店、大阪箕面店につづく『CAFE TIME 横浜都筑店』の取材に向かいました。

 天井が高く、実際の広さ以上に抜けのある快適な空間と、アサイーボウルやパンケーキといったスイーツから、オムライスをはじめとしたランチメニュー。さらにこだわりのスペシャルティコーヒーやスムージーなどの豊富なドリンク。確かに、そこは“カフェ”でした。

 しかし、落ち着きと開放感がある店内から外に視線を向けると、芝目の整ったドッグランのその先に、エンジンもかけず器用に自動車を移動させるツナギの方々が。やはり、車検場でもある模様なのです。

そもそもなぜこの組み合わせなのか!?

 カフェが始めた車検場? それとも、こだわりのパンケーキを売りだした車検場? そもそも、なぜこの組み合わせなのか? 溢れる疑問を、都筑店店長の石川哲也さんにぶつけてみました。

「もともと運営会社であるGTネット株式会社は25年以上スポーツカー専門の販売を行っており、もっと気軽にサービスを提供したいとの思いから車検を行うことにしたのがきっかけです。そして、車検だけでなく、待ち時間もお客様に質の高いサービスを提供したいとの思いから、カフェの併設、それも本格的なメニューを揃えた店舗の形での出店となりました」

 その効果は、予想以上だったようです。

 「1店舗目の群馬伊勢崎店がオープンした際は、地域に本格的なパンケーキを出すお店がなかったこともあり、まず“カフェ”としての認知が進み、スイーツメニュー目当てのお客様が多く来店されました。これまでのスポーツカー販売はその性質上マニアックでコアなお客さんが多かったのですが、女性など一般のお客さんの来店数は予想以上でした。これはとても嬉しいですね。というのも、スポーツカーの販売だと、購入を反対する立場として奥さんが来られることが多く、ご家庭内の揉め事のタネを生んでしまうことも少なくありませんでした(苦笑)。ですので、CAFE TIMEでご家族全員に喜んでいただけているのを見ると、とても嬉しくなります。逆にカフェ併設だからこそ大変なこととしては、とにかく忙しいということですね(笑)」

この特集の連載
おすすめ