車検にかかる費用

車検にかかる費用は、「法定費用」と「その他諸費用」に大きく分けられます。


車検にかかる費用は、「法定費用」と「その他諸費用」に大きく分けられます。「法定費用」は、どの業者でも変わりませんが、「その他諸費用」は車検業者によって変わります。高いと思っている車検費用は、費用の内訳を知ることで効率よく、抑えることができます。

法定費用

  • 自賠責保険料自動車重量税印紙代のことです。
  • 法律で定められた必ず支払う費用のため、どの業者で車検を実施しても費用は変わりません。
  • また、これらの費用は、車の種類や重さによって定められています。

その他諸費用

  • 法定費用以外の諸経費のことで、検査手数料整備料の他、引取り・納車手数料、代車費用などに分けられます。車検を実施する業者によって費用が変わりますので、安心して車検を受けるためにも事前見積もりをして、整備箇所についてしっかりと説明を受けることをおすすめします。

事前見積もりをして、整備箇所の説明を受けましょう!


< 車検を安く済ませるには? >
法定費用は車検を実施する業者によって変わりませんので、業者を選ぶときはその他諸経費を比較するようにしましょう。実際にこの検討ができるのは事前見積もりで車の状態を把握してもらって、詳細な見積もりが出てからになります。
なかでも整備料は整備の内容や部品代、作業工賃によって変わってきます。どのような整備をするのかが明確な見積もりになっていて、依頼をしていない整備が紛れ込んでいないもの、整備の提案に合理性のあるものを選ぶと安心かもしれません。


< ユーザー車検が安いのでは? >
自ら法定24ヶ月点検を行い、国の検査場(運輸支局)に車検を受けに行けば、費用を法定費用のみにおさえることができます(ユーザー車検)。
この場合には最低限の費用で済みますが、高度な知識を有し、設備も整ったユーザー以外は、自らの点検の結果、分解整備等の必要のなかったという場合に限られます。自分の手に負えない不具合が見つかった場合、2度手間になります。責任ある整備業者であれば当然チェックするような予防的な整備(ブレーキ内部の劣化などの確認)は行われませんので、ユーザー車検では点検の意味である安全性が確認されたわけではありません。


< まとめた出費を抑えるには? >
日頃からこまめにメンテナンスを心がけておくことも、車検を安く済ませる秘訣です。消耗品の交換などをまめにするだけでも、車検時の出費を抑えられます。


まずは、お近くの店舗を簡単検索しませんか?

このサイトで、無料事前見積もり申し込み後、車検実施まで行っていただいたお客様に500ポイントプレゼント! 店舗を検索して事前見積もりの申込をする